国立グリーンヒルテニスクラブ:東京都国分寺市、テニススクール、インドアテニススクール、レンタルコート、コート


国立グリーンヒルテニスクラブ

採用情報
042-573-1516

  • テニススクール
  • レンタルコート
  • 施設案内
  • スタッフ紹介
  • インフォメーション
  • アクセスマップ
  • 採用情報

インフォメーション
  • インフォメーション
  • ホームへ戻る

国立グリーンヒルテニスクラブ

〒185-0031
東京都国分寺市富士本2-16-2

営業時間

平日: 9:00~21:30
土日: 7:30~21:30
定休日 無し

※但し、夏季冬季の休館有り


042-573-1516

フォームでお問い合わせ

アクセスマップを見る

ホーム > インフォメーション

INFORMATION

2018.9月 コミュニケーション

2018.09.01


映画や音楽など

誰しも人生に影響を与えた作品があると思いますが

先日ある漫画を読んで自分の身体に対する考え方が変わりました。


「 はたらく細胞 」という作品です。

主人公は赤血球や白血球などの細胞たち。

物語の舞台は人間の身体の中という斬新な設定です。

例えばかすり傷を負った時や風邪を引いた時に

身体の中ではどんな物語が繰り広げられているかを

ユーモアを交えて分かりやすく教えてくれます。

ちなみに細胞たちが人間のキャラクターで、身体の外の世界は一切出てきません(笑)


印象に残ったエピソードは

「 スギ花粉アレルギー 」のお話。

モンスターのようなスギ花粉アレルゲンが侵入してきて

外敵から身体を守ろうと細胞たちが頑張って

各々が出来る事を全力でやった結果

大噴火( くしゃみ )

地殻変動( 鼻づまり )

大洪水( 涙 )

という未曾有の大災害が起こってしまうのです。

細胞たちは何も悪くないのに、、、

何事もバランスが大事なんですね。


自分の身体の中にも漫画に出てきた細胞たちがいて

24時間休まず働いているのだと思うと

「 自分の身体に感謝する 」という不思議な気持ちが芽生え

もっと食事や睡眠に気を使っていきたいなと考えるようになりました。

そして小さな事 当たり前な事に感謝の気持ちを抱くと

自分が如何に恵まれているのか気付かされます。

今までは多くの事を当たり前に感じてしまっていたので

これからは日々を大切に過ごして小さな感謝を見つけていこうと思った作品でした。






( 中 )
INFORMATION LIST

インフォメーショントップへ